茹で落花生発祥地☆静岡市蒲原

静岡おまちバルに参加してなければ !?

茹で落花生って食べた事はあるけどお酒のつまみとしか思っていなかった・・

 

そんな感じで茹で落花生を知っている程度だった2012年、静岡のお街を盛り上げようと企画が立ち上がった "静岡おまちバル"だ

( チケット制でワンドリンク&ワンフードを楽しむはしご酒イベント)

 

静岡のお街にある、まだ行った事がないお店を新発見すると言うイベントです。

そのイベントの参加店として一緒に静岡を盛り上げよう!!  っと声を掛けて頂いたのです。

 

その実行委員のひとりが別に参加していた"地域デザインカレッジ"の課題も一緒にやろうと言う話がでました。そのテーマが 「蒲原が茹で落花生発祥の地」その事をもっと知ってもらう

蒲原に、もっと沢山の人が興味を持ってきて欲しい、

 

そこでPaPaも参加することになった"静岡おまちバル"で蒲原の茹で落花生を一緒に食べてもらうと考えたのです ^ ^

 

静岡市清水区蒲原をアピールして行くのがミッションとして集ったメンバーが

"茹で落花生ひろめ隊" 

 

当時は期間も短く、試作などで試す時間もなかったのでニョッキに練り込むことは出来なかったのですがニョッキと一緒に横に添えて提供していました

 

その時食べたお客さんの反応

"初めて食べたけど茹で落花生がこんなに美味しいとは・・"  

"食べたことはあるけど蒲原が発祥とは知らなかった"  など...

 

これ多分ほとんどの方が思った感想だと思います

 

そして自分自身も同じでしたが、ただひとつだけみんなと違う思いが心の奥に芽生えたのです

 

「これをニョッキに練り込むと、どんなニョッキになるのだろう? どんな味? 食感? 

そもそも美味しい?」

 

 

そんな思いがもやもやと・・

ただ、落花生の旬の時期が過ぎると忘れていて毎年この時期になると思い出していました。スーパーなどで時々見かけた時だけ

 

だって秋のニョッキに練り込む食材は沢山ありますからね〜  

 

しかし、今年は妙に気になり始め・・ 目の前に飛び込んできたのです!!  

「静岡産ジャンボ生落花生」 大きな粒がぎっしり、富士宮のある場所で発見しました。早速購入して茹でて一粒をパクっと、旨い!! 久しぶりに食べた茹で落花生は格別、これなら行ける!! と確信。

 

茹でる時の塩加減や一緒に練り込むじゃがいもの分量、捏ね加減、小麦粉の分量、落花生の潰し加減など、今までの経験とこの茹で落花生の練り込みニョッキのイメージが出来ちゃいました

 

イメージがこんなにすんなり 降りてきたのは本当に不思議

 

あとは、実際に作ってみると・・・

 

大ヒットの予感 !!!

 

名づけて 

 

ピーナッツニョッキ誕生

落花生の栄養・効果

落花生には抗酸化作用があり、若返りのビタミンとも呼ばれるビタミンEも含まれています。

 

またオリーブオイルなどで知られている「オレイン酸」が多く含まれています。オレイン酸は善玉コレステロールを下げずに悪玉コレステロールだけを低下させる働きがあり、動脈硬化、高血圧、心疾患予防に役立ちます。

 

コレステロールを減らし、生活習慣病を予防、貧血予防と血管の若返り、痴呆症の予防、美容にも良く、子供の成長の欠かせない栄養もたっぷり〜

 

 

しかも肝臓でアルコールの代謝を助けてくれるナイアシンが豊富なのです。茹で落花生を練り込んだニョッキを食べて肝臓の負担も軽くしてくれる !?

 

 

主な産地は、千葉、茨城、神奈川、鹿児島、栃木、長崎、静岡など。

 

静岡の生落花生は8月から9月にしか出まわらず旬も短いのでこの時期限定でしか作れないニョッキになりますのでお急ぎ下さい。

 

ワンシーズンリピート率NO.1 ‼︎

お客様からのお声

 

  • 気になってたピーナッツニョッキ♪ 美味しかった〜 ピーナッツは沢山できなくて貴重 ! もう少しで終わっちゃうそうですよ〜
  • 「蒲原の落花生ニョッキ」間に合った〜 秋を満喫 ^ ^
  • ピーナッツニョッキ美味しかった〜♪ 間に合って良かった
  • ピーナッツニョッキはニョッキの中にピーナッツが入ってて食感も楽しめました〜!! 
  • 最近、満腹にはなるけど満足は久し振りでした

イタリアじゃない日本のニョッキ☆

風味が人の五感全てに伝わるように創り上げたニョッキです

オンラインショップでの販売は終了致しました。