季節限定ニョッキ 静岡茶
茶葉ニョッキ

 

一番茶の出回るこの時期限定、日本の旬を五感全てで感じるお茶の葉まるごと練り込んだニョッキ

 

静岡に生まれ育ち、幼い頃からお茶は食事の時、学校の給食、遠足の水筒の中身に入っていていつでも飲める日常の飲み物でした。

 

お茶を飲むとその中で水溶性のカテキン、ビタミンC、などは摂取できますが、水に溶けない栄養成分はお茶殻として捨てられているんです。しかもその量は栄養成分全体の70%にもなるそうです。

 

栄養成分を逃さずに全て摂取出来る食べ物にニョッキが作れないものか? そんな思いが頭から離れず造り上げたのが 茶葉をまるごと練り込んだ

"茶葉ニョッキ" です。

 

お茶の香りを生かし、食べた後の口の中に広がる爽やかさ、また鮮やかな緑色、そして何より栄養を全て摂れる食べる茶葉ニョッキはサッパリしています。

 

静岡産のお茶をまるごと食べれる、しかもイタリアに無い日本のニョッキ

イタリアンと和食を合わせ静岡の旬を届ける一品

食べるお茶ニョッキは唯一無二、PaPaのニョッキです。

 

日本中で探してもここでしか味わえないニョッキです!!

 

PaPaの夜は予約制なのでゆったりとご利用いただけます

お友達、ご家族、大切な方と過ごす時間にどうぞ。

 

おうちニョッキ 食卓 アレンジニョッキ
ニョッキのある食卓

 

ニョッキのある食卓

 

家庭料理のご馳走、ニョッキはおばあちゃんから代々受け継ぐ家庭秘伝のレシピ!?

 

レストランで食べるニョッキはもちろん美味しいけど家庭の食卓で出るニョッキは愛情たっぷりで特别美味しい。

 

シンプルだからどんな料理にも合わせられるスグレモノ "ニョッキ"

しかも簡単だからお母さんも楽々で思わず笑ってしまいます。皆さんが良くレストランなどで知っているニョッキ料理はいわゆるパスタの様に茹でたニョッキとソースを合わせ絡めて食する定番ですよね。これ確かに旨い!!

 

「でもちょっと時間も掛かるし大変なんだよね〜」っと思っているあなたにびっくりレシピがあるんです。

 

毎日が忙しく自宅に帰ったら早く食事を作らなければならないお母さん、いつも大変ですよね。

もう冷凍庫にニョッキのストックは段々広がって来てますが・・

その冷凍ニョッキを普通なら大鍋にお湯を沸かしてからニョッキを茹でるのですがお湯が湧くのに結構時間が掛かります。しかも狭い家庭のコンロをひとつ占領されてソースを作るのも大変。

 

そんな時、茹でずに冷凍のまま使って下さい。えっ!!

 

例えばゴロゴロじゃがいもが入っているカレー美味しいですよね。

そのカレーのじゃがいもの変わりに冷凍ニョッキを冷凍のまま投入!!

 

いいんです煮込んでいる間に丁度食べごろになっちゃうんです。じゃがいもの皮を剥く手間&時間も無くなりしかも美味しいニョッキがカレーソースに入って居るんで子供達はニョッキめがけてスプーンが進みますよ

しかもあの食感ですから食欲もすすむしお腹も満足。

 

 

ニョッキの店 外観
おうちニョッキ

 

その他、煮込み料理、味噌汁などのスープはもちろんちょっと物足りない食卓の一品に重宝するニョッキなんです。

 

我が家では子供のお弁当のおかずに持って行くと友達に喜ばれる? って「いいな、いいなぁ~」っと奪われる様です(笑)

でも手造りニョッキだから冷めても旨いんです。冷めたパスタはちょっと残念ですよね・・ 冷めたニョッキは逆に喜ばれるなんて話聞いたらお弁当の登場回数も自然に増えますw

 

そんなご家庭でニョッキのある食卓をご紹介したりニョッキ好きのご家庭でのおうちニョッキレシピをご紹介させて頂きます。

もちろんPaPaの持ち帰りニョッキも有りますが自宅で作るニョッキを使ってのレシピも有りますのでわくわくしますね〜 

 

朝ニョッキ、昼ニョッキ、お弁当ニョッキ、おやつニョッキ、夜ニョッキ、おつまみニョッキ、夜食ニョッキなどなどお話や写真提供もお待ちしております。

 

ぜひ我が家のニョッキ自慢をお知らせ下さいね ^ ^

 

おうちニョッキ紹介コーナー投稿はこちら